ここから本文です

佐々木信治、KO負け「ROAD FC」トーナメント1回戦敗退

7/15(土) 19:30配信

スポーツ報知

 韓国最高峰の格闘技イベント「ROAD FC 040」が15日ソウルで行われ、世界予選を勝ち抜いた16人が、ライト級王者クォン・アソル(韓国)=韓国=への挑戦権を懸けトーナメントを戦った。第6代修斗環太平洋ウェルター級王者の佐々木信治(37)は1回戦でアマチュシン・フーヘンフウ(32)=モンゴル=と対戦したが、1回TKO負けを喫した。

 妻で女子格闘技のパイオニア・藤井惠がセコンドを務める佐々木は、左ジャブで距離を取りながら様子を見るも、1分過ぎフーヘンフウが前に出始める。フーヘンフウの前に出ながらの右フックが佐々木のあごに命中。佐々木は崩れ落ち、即座にレフェリーが止めに入った。佐々木の1回戦敗退が決まった。

最終更新:7/15(土) 20:06
スポーツ報知