ここから本文です

浅川梨奈、「ハーレム」発言を暴露され大照れ

7/15(土) 20:27配信

スポーツ報知

 アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈(18)が15日、東京・シネマート新宿で主演映画「人狼ゲーム マッドランド」(綾部真弥監督)の公開初日舞台あいさつを行った。

 場内は立ち見も出る盛況ぶり。主人公の女子高生・萌役を務めた浅川は「長編映画初主演ということで正直不安もあったけれど、こうやって来て下さる方々の顔を見るとほっとする。今はワクワクとドキドキでいっぱいです」とあいさつ。

 監禁された高校生たちが生き残り、1億円を得るための殺戮(さつりく)ゲームに参加する物語。今作で6作目となる「人狼」シリーズは過去に桜庭ななみ(24)、土屋太鳳(22)らも主演し、その後ブレイクした若手女優の登竜門的作品。浅川は「(シリーズ)第6弾に出演できてうれしい。先日撮影で(シリーズに出演した)森川葵ちゃんと一緒になった時、人狼ゲームの撮影現場の雰囲気や作品がどういうふうに作られるのか聞けて、とても刺激になった」とにっこり。

 劇中の男性で唯一生き残る役を演じた栗原吾郎(21)が、日を追うごとに撮影で人が減っていき、「男が僕だけになって寂しかった。最終日に男の休憩所でポツーンとしていた」と切り出すと、浅川が「話しかけたじゃ~ん」と相づち。栗原は、「そうなんですけど、でも『ハーレムなんだから、うれしいでしょ』と言われた」と暴露すると、会場は笑いに包まれた。浅川は恥ずかしそうに「ホント、ごめんなさいね。そういう意味じゃないですよ」と必死に打ち消していた。

最終更新:7/15(土) 20:27
スポーツ報知