ここから本文です

【2歳勝ち馬診断】祖母が名牝ニシノフラワーのニシノベースマン…出遅れの克服が課題

7/15(土) 21:58配信

スポーツ報知

【ニシノベースマン(牡、栗東・森秀行厩舎)、父ノヴェリスト、母ニシノマナムスメ、馬トクPOG指名者数9人】

 15日の福島1Rの2歳未勝利(芝1800メートル、15頭立て)は、後方から運んだ1番人気のニシノベースマン(牡、栗東・森秀行厩舎=ノヴェリスト産駒)が、4コーナーで一気に進出すると後続に3馬身差をつけ、2戦目で勝ち上がった。父の産駒はヴァイザーに続く2勝目。勝ち時計は1分50秒8。

 戸崎は「スタートは遅かったが、その後は上手な競馬をした」とコメント。

 東京のデビュー戦(2着)でも出遅れ。直線で勝ち馬(テンクウ)に並びかけ、叩き合うシーンをつくったが、ゴール前で失速した。ただ2戦とも道中で先団に取り付く脚は見どころ十分。コーナーで減速せずにスパートできるのは強みだ。

 祖母がニシノフラワー、母の父はアグネスタキオンと上質な母系で、1歳上の姉(ニシノアモーレ=現在2勝)は、ジリっぽいコンデュイット産駒ながら瞬発力を武器としているほど。小回りと道悪は間違いなく巧みだろう。(大上 賢一郎)

最終更新:7/15(土) 22:02
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ