ここから本文です

渡辺謙、南果歩と離婚したくない 不倫は「おおむね真実」

7/16(日) 5:52配信

スポーツ報知

 俳優の渡辺謙(57)が15日、都内で会見を開き、今年3月に週刊文春で報じられた30代後半の元ホステスとの不倫について「おおむね事実」と認め、謝罪した。報道後に女性とは関係を解消。妻で女優の南果歩(53)にも謝罪したことを明かしたが、関係修復には「時間をかけながらゆっくりと、軌道修正を図っているところ」と、いまだに深い溝があることを匂わせた。

【写真】夫の不倫騒動に初めて口を開いた南果歩

 テレビカメラ16台、約120人もの報道陣が待つ会場に黒いスーツ姿で現れた渡辺は、無言でジッと前を見据え、深々と頭を下げた。「記事に関しては、おおむね事実でございます。軽率なふがいない行動が、多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを本当に申し訳なく思っております」と、冒頭、約2分半にわたり謝罪。「妻には本当に苦しい、悲しい思いをさせてしまった。きちんと謝罪をして…時間をかけながらゆっくりと、軌道修正を図っているところです」と語気を強めた。

 3月末の衝撃の不倫報道から3か月半。「冷静になる時間が必要だった」と沈黙を続けてきたが、近く米映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の撮影で渡米することを踏まえ、「仕事をさせていただくための区切りとして、ご報告をして旅立つべき」と会見に至った理由を説明した。撮影に向け粛々とトレーニングしていたそうで「心労で痩せた?」と聞かれると「締まった、と言っていただけると…」と苦笑いした。

 不倫した女性とは3年にわたり交際していたが「僕の中の決断がつかずに何となく続いてしまった」と反省。報道後に話し合い、関係を解消したという。

 心配されるのは南との関係だ。謝罪した際に「これであなたが積み重ねてきたものは消えるわけではないから頑張ってね」と声をかけられたというが、昨年3月に乳がんの手術を受けた南が病気療養中の不倫とあって、ショックは計り知れない。離婚は避けたい渡辺は、夫婦関係の継続について「今、言える立場ではない」と明言を避けつつ「そう(夫婦関係修復)あったらいいと思います」と話した。離婚話は出ていないという。

 報道直後、「心身ともに落ち込んでいた」という南だが、今月9日にスタートした主演のNHKドラマ「定年女子」で仕事を再開。連日撮影が続いている。まだ、まともな話し合いはできていない状況で、今後が注目される。

 会見では、離婚問題に揺れる船越英一郎、松居一代夫妻にも話題が及んだ。どんな気持ちで見ているか聞かれたが「夫婦の形はうかがい知れないところもあるので、穏便に解決してくれたらいいのでは」と話した。

 会見は約30分。終盤では時折、笑みを見せつつ「一つ一つの役に一生懸命生きることでしかお返しできないと思ってますので、頑張ってやらせていただければ」と締めた。映画撮影後、秋から来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の撮影に臨む予定だ。

 ◆渡辺謙の不倫騒動

 ▼3月30日 渡辺と36歳(当時)の元ホステスとの不倫疑惑を「週刊文春」が報じる。CM出演する大和証券が、ホームページから渡辺の出演映像を削除。

 ▼同31日 長女で女優の杏が、夫で俳優の東出昌大との間に第3子を妊娠中であることを明らかに。イベントにも出席したが、渡辺の質問には無言。

 ▼6月27日 渡辺が来年のNHKドラマ「西郷(せご)どん」に島津斉彬(なりあきら)役で出演することが発表。

 ▼7月4日 南がNHKドラマ「定年女子」PR会見に出席。報道後初めてマスコミの前に姿を見せる。

最終更新:7/16(日) 7:39
スポーツ報知