ここから本文です

【NBA】ロケッツ移籍のC.ポール、入団会見で意欲

7/15(土) 15:26配信

ISM

 電撃トレードでロサンゼルス・クリッパーズからヒューストン・ロケッツに移籍したクリス・ポールは現地14日、入団会見に臨み、新天地での意欲を語った。

 今夏のFA(フリーエージェント)の目玉の1人になると目されていたポールは、プレーヤーオプションを行使した後、クリッパーズからロケッツにトレード。会見の席では“チャンピオンシップ”という言葉を一切に口にしなかったが、ジェームズ・ハーデン率いるチームへの加入で、自身も球団も、タイトル獲得へのチャンスが高まったと確信しているようだ。

 ポールは、「単に彼(ハーデン)を助けるために、ここへ来たのではない。彼だって私を助けてくれる。互いに助け合い、目指す場所にチームを導けるよう頑張りたい」と、抱負を語った。

 ロケッツは、1994年、1995年に2連覇を達成。しかし、それ以来、優勝から遠ざかっており、ハーデン以外にもう1人、スーパースターが必要であることをチームは認識していた。ダリル・モーリーGMは、「クリス・ポールとジェームズ・ハーデンは歴史的なコンビだと思っている」と述べ、球団3度目の優勝に期待を込めた。

 過去10年間、リーグ屈指のポイントガードとして君臨しているポールは、キャリア12シーズンで平均18.7得点、9.9アシスト、4.4リバウンド、2.3スティールをマーク。しかし、一度も優勝経験がなく、カンファレンス決勝にさえ進出したことがないとして批判されている。(STATS-AP)

最終更新:7/15(土) 15:26
ISM