ここから本文です

2位の吉田、プロ入り前に研修生を務めたコースで“恩返しV”へ

7/16(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆女子プロゴルフツアー サマンサタバサレディース第2日(15日、茨城・イーグルポイントGC)

 12位から出た吉田弓美子(30)=フリー=が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算5アンダーで首位と1打差2位に浮上。プロ入り前約2年間研修生を務めたコースで、13年以来4年ぶりの大会2勝目に望みをつないだ。日本ツアー初参戦の金楷林(27)=韓国=が6アンダーで単独首位。

 思い出深いコースで吉田がV戦線に浮上した。難関の2番で3メートルを沈めるなど5バーディー。「いろいろとコースを知っているのは武器になる。パットのタッチも合っていた」と充実感をにじませた。09年8月にプロテストに合格するまで研修生を務め、プロ入り後の約5年間は所属先だった。ホステスプロとして臨んだ13年大会はプレーオフを制して優勝。従業員全員と記念撮影に納まり、喜びを分かち合った。

 今オフにも3度ラウンドするなど親交が続いている。「もう所属ではなくなったけど、いまだに支配人やキャディーさんが応援してくれる。すごくありがたいです。皆さんの期待に応えられるよう頑張ります」。4年ぶりとなる“恩返しV”を目指す。(高橋 宏磁)

最終更新:7/16(日) 7:04
スポーツ報知