ここから本文です

中田J、セルビアにストレート負け 平均身長で11センチ上回る相手の高いブロックに歯が立たず/バレー

7/15(土) 15:50配信

サンケイスポーツ

 バレーボール女子の国際大会、ワールドグランプリ(WGP)仙台大会は15日、カメイアリーナ仙台で第2日を行い、世界ランク6位の日本は、同3位でリオデジャネイロ五輪銀メダルのセルビアにストレートで敗れ(21-25、20-25、20-25)、3勝2敗となった。セルビアは4勝1敗。

 第1セット中盤、日本は平均身長で11センチ上回るセルビアの高いブロックに攻撃を止められ、連続失点。さらに、1メートル90台の相手両センターの速攻を止められず、差を広げられると、そのまま奪われた。

 第2セットも、岩坂名奈主将(27)や新鍋理沙(27)=ともに久光製薬=のブロック得点などで序盤はリードしたが、相手のセンター攻撃を止められず中盤に逆転を許すと、そのまま逃げられた。

 第3セットは中盤、古賀紗理那(21)=NEC=の強打などでリードする場面もあったが、18-19からは相手の攻撃を止めきれず4連続失点するなどして敗れた。