ここから本文です

ソフトバンク・柳田が2日連続で本塁打競争V! アーチの極意は「穏やかな心」

7/15(土) 17:59配信

サンケイスポーツ

 マイナビオールスターゲーム第2戦(15日、全パ-全セ、ZOZOマリン)試合前に恒例のホームラン競争が行われ、ソフトバンク・柳田悠岐外野手(28)がナゴヤドームでの第1戦に続き、2日連続で頂点に立った。柳田は準決勝で広島・鈴木と対戦し、1-1と同本だったがファン投票上位のため勝ち上がり、決勝では日本ハム・大谷を破ったDeNA・筒香と対戦し、2-1で勝利した。優勝の柳田は2日連続で賞金50万円をゲットした。

 柳田は「きょうは無理だと思っていたので…。マリンの風のおかげです。風に乗っているような感じだったので、いいラインに打てました」と打撃を振り返った。

 投手が同僚の松田だったことに「僕は本当は(ロッテ・鈴木)大地が良かったんですけど、どうしても投げたいというので。思った以上に打ちやすい球を投げていただいたので感謝しています」と話し、スタンドからは笑い声が起こった。

 最後に本塁打の打つにはどうすればいいか聞かれると「穏やかな心です」とコメント。柳田流アーチの極意を語った。