ここから本文です

白鵬、碧山が7連勝 今場所初の上位安泰/名古屋場所

7/15(土) 18:04配信

サンケイスポーツ

 大相撲名古屋場所7日目(15日、愛知県体育館)横綱白鵬は勢を突き落として全勝をキープした。碧山も逸ノ城を押し出して勝ちっ放し。大関高安は正代を突き倒して1敗を守った。横綱日馬富士、大関豪栄道も勝ち、今場所初めて出場した横綱大関陣が揃って白星を挙げた。

 白鵬は立ち合いでやや左に変わると、低く前に出る勢の頭を押さえつけて突き落とした。日馬富士は左四つに組むと、寄り立てて琴奨菊を土俵際まで追い詰めたが攻めきれない。琴奨菊が逆襲に転じると逆に日馬富士の足が俵にかかったが、逆転の首投げを決めた。

 高安は突いて出ると、最後は正代を土俵下まで突き飛ばした。豪栄道は立ち合いで頭からぶつかった貴景勝を落ち着いて叩き込んだ。

 碧山は突き合いから右を差すと、がぶって前に出て逸ノ城を押し出し全勝を守った。宇良は立ち合いで低く当たり、おっつけて前に出たものの、御嶽海にはねのけられるとたちまち攻め込まれ、土俵際でバランスを崩し押し倒された。