ここから本文です

チリッチ 初の決勝進出、快進撃クエリーに逆転勝ち<男子テニス>

7/15(土) 0:06配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は14日、男子シングルス準決勝が行われ、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)が第24シードのS・クエリー(アメリカ)を6-7 (6-8), 6-4, 7-6 (7-3), 7-5の逆転で下し、初の決勝進出を果たした。

【「圭は素晴らしい」とチリッチ】

この日、セットカウント2-1とリードしたチリッチは、第4セットに入ると先にブレークを許す。しかし、第8ゲームでは絶妙なドロップショットを決めるなどでブレークバックすると、第12ゲームもクエリーのサービスゲームを破り、3時間近くの激闘を制した。

決勝では、第3シードのR・フェデラー(スイス)と第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)の勝者と優勝を争う。また、クロアチア人では2001年のウィンブルドンを制したG・イバニセビッチ(クロアチア)以来16年ぶりのタイトル獲得を狙う。

今回の決勝進出は、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続いて四大大会2度目。全米オープンでは決勝で錦織圭を下し、グランドスラム初優勝を果たした。

一方、第1シードのA・マレー(英国)や第12シードのJW・ツォンガ(フランス)らを次々と破る快進撃を見せていたクエリーは、アメリカ人男子で2009年のA・ロディック(アメリカ)以来8年ぶりの決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7/15(土) 0:15
tennis365.net