ここから本文です

「シャープ製品」公式ツイッターが炎上し運営停止に

7/15(土) 11:30配信

ホウドウキョク

家電メーカーの「SHARP」の公式ツイッターのひとつである「シャープ製品」(@SHARP_ProductS)のアカウントが炎上して、運営を停止しました。

任天堂が「マリカー」提訴

事の発端は、6月26日に「任天堂」が新製品の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の告知をしたツイートに対し、翌日「シャープ製品」の公式ツイッターがリプライしたこちらの投稿。【画像参照】

「シャープ製品」の公式ツイッターで「スーファミ ミニ」の収録ソフトの価値を独自に換算、中には「価値0」というソフトもあり合計の価値は4600円と実際の価格の7980円よりかなり安く評価しました。すると、この投稿に対して「名作ゲームの価値を0円にするなんて」など批判が集まり、同アカウントはその後投稿を削除し、28日には「不適切な発言だった」と謝罪、その後もツイートをやめていました。

そして7月11日、シャープの別の公式アカウント「シャープ株式会社(@SHARP_JP)が、炎上した「シャープ製品」のアカウントの運営終了を報告するとともに、問題の発言に言及しました。

「インターネット、特にツイッターは、だれかが好きなもの、思い入れのあるものを共通項に人々が繋がりあう側面があると、私は思います。だからこそ企業アカウントはどんな時も、だれかの好きや思い入れを否定することは決して許されません。ほんとうに申し訳ありませんでした。」

鈴木理香子アナ:
「シャープさんとタニタくん」といわれる人気の公式アカウントとは別の「シャープ製品」の方が炎上したわけですが…。

古市憲寿:
個人的なことをつぶやいちゃって炎上したってニュースですよね。でもなんで言いたくなったんでしょうかね「スーファミ ミニ」のことを。

P.K.サンジュン(ロケットニュース24):
「ファミコンミニ」が流行ったんで「スーファミ ミニ」自体はすごい話題になってましたね。まあ世代の人でグッとくるものがあったんじゃないですか。じゃなかったら計算しないですよね。

古市:
しかもこれ自分の価値でしょ。個人的な思い入れの価値。

鈴木:
皆さんの批判の中には「なぜ公式アカウントでつぶやいちゃったのか。個人のアカウントでやればよかったのに」というのもありました。

サンジュン:
公式アカウントとはいえパーソナルな部分をちょっと出していくっていうのは重要だと思うんですよ。今回の場合、僕は行き過ぎたとも思わないですけど、これが前例になっちゃうんだろうなって気がしますけどね。

古市:
個人的なことがなかなか言いにくくなる。バランスってすごく難しくて、シャープ公式とか震災時のNHKのツイートとか話題になりましたけど、この絶妙なバランスって意外とできる人がいないんだろうな。みんなマネして失敗しちゃうんだろうな。

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 11:30
ホウドウキョク