ここから本文です

「ツインターボ」を聞かなくなったワケ 時代と共に変化し続ける「ターボ」という技術

7/15(土) 7:13配信

乗りものニュース

「過給ダウンサイジング」も存続の危機に?

 しかし、これから欧州と日本では燃費の計算と表示方式が変わります。世界基準の「WLTC方式」です。従来の燃費計算方式よりも強い負荷をかけるため、より実燃費に近い数値になると言われています。また、負荷が大きいため、過給ダウンサイジングはより燃費の数値が悪くなることが予想されます。

 カタログ値が悪くなっては過給ダウンサイジングの魅力は激減してしまうことに。もしかすると、新燃費方式の普及にともない、過給ダウンサイジングを採用するクルマは減るかもしれませんね。

 パワーを求めた時代にもてはやされたのが「ツインターボ」でした。技術が進んだことで採用が増えたのが「ツインスクロールターボ」。そして省燃費を目指した「過給ダウンサイジングターボ」。求められるものが変化すると、使われる技術も変わるというわけです。

鈴木ケンイチ(モータージャーナリスト)

2/2ページ