ここから本文です

フェデラー 2年ぶり決勝進出、史上最多8度目Vへ王手<男子テニス>

7/15(土) 2:48配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は14日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)が第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を7-6 (7-4), 7-6 (7-4), 6-4のストレートで下して2年ぶりの決勝進出を果たし、史上最多8度目の優勝に王手をかけた。

【フェデラー 錦織絶賛「素早い」】

この日、第1・第2セットをタイブレークの末に連取したフェデラーの勢いは止まらず、第3セットの第7ゲームではネットプレーやリターンエースを決めてブレークに成功。その後もリードを守り、見事ストレート勝ちをおさめた。

決勝では、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは準決勝で第24シードのS・クエリー(アメリカ)を逆転で破っての勝ち上がり。

ウィンブルドンに19年連続で出場の元王者フェデラーは歴代最多タイの7勝を誇り、今大会では1セットも落とさずに決勝へ駒を進めている。

今季は怪我から復帰し、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で頂点に立つと、その後のマスターズ2大会も制覇。クレーシーズンは全大会をスキップし、芝のシーズンへ照準を合わせてた。

一方、敗れたベルディヒは2010年以来2度目の決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7/15(土) 3:07
tennis365.net