ここから本文です

破壊力は“リーグNo.1“! 来季のプレミアを制するのはマンCか「コンパニも戻ってきたし……」

7/15(土) 11:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

クラブOBは優勝候補筆頭と確信

今夏もプレミアリーグの上位陣は積極的な補強を続けているが、来季のリーグ戦を制するのはどのクラブだろうか。2016-17シーズンを制したのはチェルシーだが、チェルシーはチャンピオンズリーグを戦っていなかった。来季は過密日程に対応する必要があり、リーグ戦の順位にも変化が起こるはずだ。

ペップ体制2年目のマンC、”主役”はG・ジェズスだ

かつてマンチェスター・シティでプレイしたポール・ディッコーブは、古巣マンCこそが優勝候補だと考えている。マンCはジョゼップ・グアルディオラの下で苦戦も強いられたが、ディッコーブはシーズン終盤の戦いから来季優勝する可能性を感じ取っている。

英『sky SPORTS』によると、ディッコーブは「個人的にはシティが優勝候補だと思う。昨季は良くない試合もあったが、何試合かプレミアリーグでベストなゲームを見た。特にシーズン終盤にはコンパニが戻ってきたし、よりソリッドに見えたね。ホームゲームではシーズン終盤に向けて勢いが出ていたし、多くの得点を決めて守備も機能していた。素晴らしいフットボールを見せていたよ」とコメントしている。

確かに前半戦のマンCはグアルディオラの理想を追い求めすぎたために結果が出ないこともあった。しかし終盤戦では攻撃陣が爆発する試合も増え、最後の8試合は6勝2分で終えている。

加えて今夏にはモナコからMFベルナルド・シウバ、GKエデルソン・モラレスと即戦力を獲得。さらにトッテナムDFカイル・ウォーカーの獲得も発表した。弱点だった最終ラインの補強にも手をつけ始めており、今後の改善が期待される。シーズン終盤の戦いを継続できれば優勝も見えてくるはずだが、マンCは優勝候補筆頭か。

http://www.theworldmagazine.jp/