ここから本文です

ホークス内川「やっちまったな」球宴MVP「ファンは大谷選手見たかったんじゃないかと…」 賞金は九州豪雨支援に

7/15(土) 6:04配信

西日本スポーツ

■パ3年ぶり勝利

 ◆オールスター・全パ6-2全セ(14日・ナゴヤドーム)

 タカの祭典! 内川聖一外野手(34)が8回に決勝打を放ち、4年ぶり2度目のMVPを獲得した。前回は自ら支援するなど思い入れのある東日本大震災の被災地福島でつかみ、今回は九州豪雨で傷ついたホークスの地元を勇気づけそうな一撃を放った。先発の大役を任された千賀は快投を演じ、試合前に行われたホームランダービーは柳田が初優勝。まさにホークスデーとなりました。

【写真】球団職員の新垣渚さんと再会して喜ぶ川崎

■自虐的お立ち台

 豪快なアーチを放った3人の敢闘選手に囲まれ、複雑な表情で内川が、表彰台の中央に立った。7回からの途中出場で2打席に立ちMVP獲得。「やっちまったな…、と」。放った2安打がファンの歓喜するド派手な本塁打でないことに申し訳なさを感じながらも、うれしくないはずがない。

 「唯一の心配事は大谷選手の代打だったので、ファンのみなさんは大谷選手を見たかったんじゃないかと…。ちょっと申し訳ないなと。あのタイミングで使っていただいてMVPをもらいますが、僕が打つよりもインパクトのあるホームランもありましたし」

 遠慮ぎみなお立ち台。それでも誠実な姿に対し、大観衆は拍手を送った。4年ぶりの球宴はベンチスタート。1点を追う7回に出番が回ってきた。「おまえの代打で申し訳ない」と、大谷に。周囲には「スタンドのため息を聞いといてください」と、自虐的に話し1打席目に向かった。一塁コーチャーボックスで大谷が見守ったその打席で、初球をきれいに中前へ。この一打が同点につながると、8回に最大の見せ場がやってきた。

 「心の中では100パーセントMVPがよぎった。ここで打てば…、と」。2死二塁でマテオの直球を、またしても中前へはじき返した。決勝の適時打。「ファンのみなさんは本塁打だったり、一目ですごいなというのを求めていると思う」。そう話しながらも、通算1966本の安打を積み重ねてきたヒットマンの意地と言わんばかりの「教科書」のような打撃で、玄人ファン、そして子供らにも夢を与えた。球宴は26打数13安打の打率5割だ。

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 6:04
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 17:05