ここから本文です

3,000年前に制作された世界最古の木製義足は、非常に精巧で美しい工芸品だった

7/15(土) 21:10配信

ギズモード・ジャパン

義肢はその起源から美しく、かっこいいものなんです。

義肢はもともと怪我や病気で体の一部を失ってしまった人の機能を助けるあくまで補助的なものというイメージがありました。しかし近年、技術の進歩や、3Dプリンターの登場などで、美しく、機能的で、障害を補助するどころか、本来の人間の機能を拡張するほどの義肢が制作されています。人工知能を備えた義手や、筋電義手、アメコミヒーローをモチーフにした子供用義手など、義肢を使うことがカッコよく思われ、誰もが身体機能拡張のために義肢を使う日もそう遠くないのです。

【画像】3,000年前に制作された世界最古の木製義足

そんな発展著しい義肢ですが、その歴史は非常に古く、紀元前から使用されていたことがわかっています。そして驚くべきことに、義肢が誕生した当初から、安易なものなどではなく、精巧、かつ見た目に細心の注意を払って作られた工芸品とも言えるクオリティを持っていたのです。

世界最古の義肢として知られているのが「グレヴィル・チェスターの偉大なつま先(The Greville Chester Great Toe)」と呼ばれる木製の足の親指の義足です。古代エジプト人が紀元前1000年前に使っていたとされ、17年前にエジプトの都市ルクソールの、西に位置するシェイク・アブデル・クルナの埋葬室とされる荒らされた墓から発見されています。現在、最新の技術を使った最古の義足の再検証が行なわれているのですが、驚くべき事実が明らかになってきているようです。

スイスのバーゼル大学とチューリッヒ大学の合同研究チームによって実施されている、義足、さらには発見された場所の再鑑定によれば、この義足はエジプトの神官の娘のものだったようです。非常に質が高く、職人技が光る義足のクオリティから神官は高い地位を持っていたことが予想されます。

研究者たちは最新の顕微鏡、放射線技術、X線断層写真撮影を使い、義足が紀元前1000年前に作られ、使用者である女性の足の形に合わせて何度も補修がなされていたことを突き止めました。

さらには使用されている素材や手法も判明し、この義足を作った職人は人間生理学に詳しい人物であったと思われるのです。

研究者たちは記者会見で「義肢の可動性やベルトのストラップの頑丈な構造に、技術的なノウハウがよく見られます。非常に手間をかけ、細心の注意を払って制作されていることから、義足の持ち主が義足の見た目の自然さや美しさ、使用した際の快適さにこだわり、非常に優秀な職人に頼っていたことがわかります」とコメント。

義足の持ち主の女性は足の親指がなくとも、機能的で美しい義足に誇りを持ち、大事に使っていたようです。

義肢を使用する人にとっては機能はもちろんですが、その見た目が非常に重要。3000年も前から職人は、使用者の視線に立った美しい義肢を制作していたんですね。そんな当時の職人も義肢がクールなものに進歩している現代を喜ばしく思ってくれることでしょう。

Image: University of Basel, LHTT. Image: Matjaz Kacicnik
Source: University of Basal

George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
(Shun)