ここから本文です

山口大の女子大生5人を観光アンバサダーに 山口市

7/15(土) 14:31配信

宇部日報

県内外の観光行事で活躍

 山口市の観光PRを担う市観光アンバサダーの委嘱式は14日、同市役所で行われた。山口大経済学部2年生の女性5人が委嘱を受け、卒業までの2年8カ月間を観光大使として活動する。

 任命されたのは、観光政策学科の学生で、全員が県外の出身。大内のお姫様や、瑠璃光寺五重塔などをイメージした衣装に身を包み、伊藤和貴副市長から委嘱状を受け取った。「大学生ならではの視点を採り入れ、全国に山口をPRしていきたい」と学生たち。伊藤副市長は「フレッシュな感覚で新しい観光戦略にチャレンジしてほしい」と期待を込めた。市観光アンバサダーは現在17人。県内外で行われる宣伝活動や、観光客の歓迎行事などでアシスタントを務めている。

最終更新:7/15(土) 14:31
宇部日報