ここから本文です

UNISON SQUARE GARDEN「大人って楽しい?」に三者三様の回答

7/15(土) 20:00配信

TOKYO FM+

UNISON SQUARE GARDENがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。「大人って楽しいですか?」というリスナーの質問に答えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ユニゾンLOCKS!」7月12日放送分)

【リスナーの質問】
私は今高校3年生です。17年間生きてきて、今までで1番最高に楽しい3年間を過ごせている自信があります。でも今の大人を見ていると、時間に追われているようで苦しそうだなという印象です。これから先、今以上に楽しいと思える日があるのかなあなんて思います。ユニゾン先生、大人って楽しいですか?(17歳・女性)

斎藤:これは田淵先生の得意分野じゃないですか?

田淵:えっ俺!?

鈴木:得意技ですよね。普段から“イイおっさん、楽しいオッサンになるために”っていうのは聞いてるからね。

田淵:この「今、マジ楽しい。マジ最高だな!」って気持ちって、意外と10年後には忘れてたりするのよ。人は歳を重ねると感覚が変わるから。だから「今よりも楽しい事があるのか分からない」っていうのは合ってるんだよ。今が楽しい事の証拠だと思うわけ。それは思ってていいので、ただ大人になった時に何を思うのかというと“大人って意外と楽しいな”ってこと。

鈴木:人によるなっていう所はあるけどね。

田淵:色んな事を知っちゃうからね。人間って本当にすぐ人を裏切るとか、みんなお金の事ばっかり考えてるとか、自分と意見の合わないヤツってこんなに世の中にいるんだって歳を取れば取るほどどんどん覚えていくから。嫌な事は増えていくと思うんですよね。
ただ“嫌な事が増える=楽しい事が減る”じゃないから、自分の知識が増えた分楽しめる事は増えるかなとは思ったりはします。お2人はどうですか?

鈴木:楽しく生きられるかは本当に自分次第。自分にも楽しくない大人時代もあったし、今は本当に楽しいし。今が一番楽しいって思えるから「10代の頃に戻りたい?」って聞かれるとそうは思わないんだけど。それって20代の苦しかった頃に30代になったら幸せになりたくて、やる事をやってきたからだと思うんだよね。それは田淵に関してもそうだし、斎藤を見ててもそう思ってるし、みんなそういう考えでやってきて今があるんじゃないかなと思うんだよね。

斎藤:僕は、“楽しい”って事をどこに感じるのかによって違うと思っていて。僕は19歳で今のUNISON SQUARE GARDENってバンドを組んだんだけど、それでいざマイクの前に立って歌った時に19歳だと伝わらない事って沢山あって。言葉の説得力や重みみたいなものって、やっぱり経験だったり年齢によって深くなっていくと思うんですね。例えば「人生って楽しいです!」って19歳の男の子が言うのと、そこそこバンドを続けてきた……まだまだ32歳の若造ですけど、今の僕が「人生って楽しいです!」って言うのって響き方が絶対に違うじゃない? 特に言葉をマイクに乗っけてデッカくして色んな人に響かせている立場から言うと、大人になったからこそ出来る事ってたくさんあるなって思うんですよ。

鈴木:苦汁を舐めてきている部分があるからね。そういうことがあった上で、ポップな音楽であるとかシンプルな『楽しい』って言葉がすごい響くなっていうのはある。

斎藤:そうだね。

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 20:00
TOKYO FM+