ここから本文です

ケニー・オメガ、G1連覇予告&盟友・飯伏幸太を挑発! 一時代を築いた二人の物語

7/15(土) 12:00配信

AbemaTIMES

初代IWGP・USヘビー級王者に輝いたケニー・オメガが、新日本プロレスの“真夏の最強決定戦”「G1 CLIMAX」(7月17日(月) 15時~AbemaTVで開幕戦生中継)に2年ぶり出場が決定した飯伏幸太を挑発するとともにG1連覇を予告した。

かつてのタッグパートナーであり、盟友だった飯伏に向けてケニーは自身のツイッターで「ついに戻ってくると決意したか。今はまったく世界が違うんだよ、イブたん(飯伏幸太)、お前がどれだけ後れを取っているか見せつけよう」とコメント。

飯伏が新日本プロレスを離れている間にケニーは昨年のG1を制覇。今年に入ってからはオカダ・カズチカの持つIWGPヘビー級王座に2度挑戦し、いずれもベルト奪取はならなかったもののベストバウト級の死闘を繰り広げており、新日本マットの最前線で闘い続けてきたプライドをのぞかせている。

ケニーはBブロック、飯伏はAブロックに組み込まれたため、両者が対戦する可能性があるのは、8月13日に両国国技館で行われる優勝決定戦のみ。ケニーは「なぜ今、戻ってきたのか。それはリングの上で直接本人に聞きたい。とりあえず、俺は決勝戦で待っていると約束したい。ただ、彼はしばらくハードな試合をしていないんじゃない? 本当に勝ち上がってこれるのか?」と、G1決勝戦での再会を熱望しつつ、ハードな試合の少なさを指摘した。

昨夏のG1 CLIMAXに初出場で初優勝、大会史上初の外国人優勝という偉業を成し遂げたケニーは、決勝戦で飯伏の得意技であるフェニックス・スプラッシュやシットダウン式ラストライドを繰り出し、試合後には「ようやく俺はお前を超えた。一人は…さびしいじゃないか。だから、この場所で待っている」と飯伏へのメッセージを残している。

ケニーは「連覇というものはもちろん大事だが、あの約束は俺の男のプライドにかけて守りたいんだ。今の飯伏はこの俺に勝つことはできない。必然的に優勝ということになるだろう」と、飯伏への思いをにじませるともにG1連覇に向け自信をみなぎらせた。

これに対し飯伏は、「一昨年に退団して以来、自分は新日本プロレスには出ていなかったが、自分は自分でいろんなところで経験してきた。ケニーはこの2年でものすごいレベルまで行ってしまった。もし、ケニー対オカダ戦のような、ここ1、2年のケニーのプロレスをやることになったら、自分はついていかない」とコメントしている。

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 12:00
AbemaTIMES