ここから本文です

【MLB】イチロー今季初死球、田澤純一は7球好救援も、守護神被弾でチーム敗れる

7/15(土) 11:11配信

Full-Count

ブルペン待機のドジャース前田健太は登板なし

 マーリンズは14日(日本時間15日)、本拠地でのドジャース戦で痛恨の逆転負けを喫した。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 2回に守備の名手ゴードンの失策で1点を先制されたマーリンズは、4回にプラドとリアルミュートの2連打で同点に追いつく。だが、直後の5回にプイグとシーガーのソロ弾2発で再び2点リードを許した。

 5回裏、この日ベンチスタートだったイチロー外野手は、先発ストレイリーの代打として先頭で打席に立ったが、初球が右太ももに当たり、今季初死球を記録。続くゴードンが送りバントを失敗し、二塁で刺された。だが、そこから打線がつながり、スタントンとボーアの適時二塁打などで4-3と逆転に成功した。

 田澤純一投手は1点リードの6回に2番手として登板。先頭ベリンジャーを空振り三振とすると、続くフォーサイスの投手返しに見事に反応してアウト。最後はピーダーソンを遊撃ライナーに打ち取り、わずか7球で3者凡退とした。

 7回からはバラクロー、フェルプスが1点リードを守り抜いたが、9回に守護神ラモスが捕まる。安打と四球、2暴投で2死二、三塁としたところで、プイグに逆転3ランをセンターへ運ばれ、あと1死というところで勝利を逃した。

 ドジャースの前田健太投手はブルペン待機したが、登板の機会はなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/15(土) 11:22
Full-Count