ここから本文です

横浜の教員、放射線教育難しさ実感 いじめ防止へ福島・三春で研修

7/15(土) 11:08配信

福島民友新聞

 「横浜で放射線をどう教えればいいか」。東京電力福島第1原発事故で本県から横浜市に避難した男子生徒へのいじめ問題を受け、同市教委が14日、三春町で授業を行う富岡町の小、中学校などで教員研修を実施した。県外教員による大規模な研修は初めてで、本県の現状や放射線について正しい理解を広める第一歩として期待される一方、今回の成果をどう発信し、いじめ防止につなげるかについては手探りの状態が続く。
 研修には同市内の小、中学、高校、特別支援学校の教員や同市教委の職員約90人が参加した。富岡町の児童、生徒が学ぶ仮設校舎で授業や震災に関する展示を見学。富岡一小の岩崎秀一校長(58)が、中学3年までに第三者に放射線について正しく説明できるよう教育していると紹介した。
 三春町の県環境創造センターで行った本県教員との意見交換では、横浜市の教員から「子どもの心のケアで大切にしていることは」「避難中の子どもたちの古里を愛する気持ちをどう育てるか」などの質問が出た。

福島民友新聞

最終更新:7/15(土) 15:52
福島民友新聞