ここから本文です

浦和、逆転負け…世界の壁高く ドルトに2―3、興梠と遠藤がゴール

7/15(土) 23:05配信

埼玉新聞

 サッカーの国際親善試合、明治安田ワールドチャレンジは15日、埼玉スタジアムで行われ、一進一退の攻防を展開した浦和は2―3でドイツ1部リーグのドルトムントに競り負けた。

 浦和は前半24分、柏木の右CKを興梠が相手と競り合いながらも右足で合わせて先制。後半31、34分とドルトムント・モルのゴールで1―2とされたものの、40分に左CKから遠藤がヘッドで合わせて同点。それでも43分、遠藤のクリアミスをシュルレに拾われ、決勝点を蹴り込まれた。

■エース技凝縮の先制弾/興梠

 現在リーグ得点王へばく進中のエースが先制点を決めた。

 前半24分、柏木の右CK。ニアのラファエルシルバを越えたその球に右足で合わせた。相手と激しく競り合いながらも抜群のボディーバランスを保ちながら決める、まさに背番号30らしいゴールに「駆け引き勝ち。いいボールが来て当てるだけだった」と胸を張った。

 前半だけで交代したが「全体を通して、同じぐらいチャンスがあった。決め切るところの差」と勝利にはつながらず、少し悔しそうだった。

最終更新:7/15(土) 23:05
埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1