ここから本文です

プロで飛躍するために―オリ吉田正が見せるグラウンド外の取り組みとは?

7/15(土) 11:35配信

Full-Count

アロマにも興味!? 後半戦巻き返しへのキーマンが見せる飽くなき向上心

 昨シーズン、オリックスの新人選手で31年ぶりとなる2桁10本塁打を放った吉田正尚外野手。腰椎椎間板症で出場は63試合にとどまったが、シーズン終盤に本塁打を量産。オフには台湾で行われていたアジア・ウインターリーグに参加し、打率、安打、本塁打の3冠で最優秀打者に選出。持ち味のフルスイングでファンを魅了した。

【データ解析】パ・リーグを牽引する打者は…全規定打者セイバー成績一覧

 今季は腰痛の再発で開幕1軍を逃したが、今月9日に1軍に初合流すると同日のロッテ戦でいきなり2安打2打点と活躍。前半戦の4試合で14打数5安打1本塁打4打点、打率.357と復活への一歩を踏み出した。ここまで腰痛に苦しんできた23歳は痛みの再発を防ぐため、どのようなことに取り組んでいるのか。プロの世界で飛躍を目指すスラッガーに話を聞いた。

 吉田は腰痛の防止に向けてトレーニングだけでなく、私生活から注意を払っているという。常にお腹に力を入れて圧を高め、姿勢が悪くならないようにしているようで、移動にはクッションを持ち歩いている。

「腰痛は、一般の方も抱えていますから、日常生活の姿勢から気を付けるようにしています。ほかにも、食事、睡眠などにも気を配り、腰に悪いことはしないように心がけています」

 食生活に気を遣うようになったのは、ケガに苦しんだ昨シーズンを経験してからだ。

プロ入りして重要性を痛感した睡眠、深い眠り意識し「夢も見なくなった」

「コンビニに行っても、スナック菓子などの油ものではなく、プロテインやスムージーなど、なるべく体にいいものを採るようにしています。今までは食べたい物を食べていましたが、プロで戦う上で、体は大事だとわかりました」

 本を読んだり、インターネットで調べるなど、勉強も怠らない。「今はネットがありますから調べやすいですね。『こういう考えがあるんだ』『自分の思っていることは正しいのかな』など、情報は常に自分から取りに行っています」。

 特にプロのシーズンを1年間経験して重要だと痛感したのは睡眠だ。遠征があるため、いつも同じ寝具を使用することはできない。試合前は緊張して寝られない時もあり、睡眠不足になり体が硬直してしまったこともあったという。移動時には蒸気が出るアイマスクを持ち歩き、仮眠でもリラックスできるように心がけている。

「寝具は硬いものを使用するようにしたら、寝返りを打ちやすくなりました。プロは寝る時が唯一、1人でゆっくりリラックスできる空間だと思います。睡眠の質を大事にするようにしたら、深く眠りにつけるようになり、目覚めもよくなりました。夢も見なくなりましたね」

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 13:39
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 2:50