ここから本文です

ベルディヒ「ベストを尽くしてほしい」 最多V狙うフェデラーにエール<男子テニス>

7/15(土) 15:53配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)男子シングルス準決勝で史上最多8度目の優勝を狙う第3シードのR・フェデラー(スイス)に敗れた第11シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)は15日、自身の公式ツイッターを更新し、「決勝でもベストを尽くしてほしい」とエールを送った。

【フェデラー 最多Vへ意欲】

この日、フェデラーに53本のウィナーを決められたベルディヒは、第1・2セットをタイブレークの末に落とすと、第3セットでは2度のブレークを許して2時間18分で力尽きた。

今回の対戦でフェデラーとの対戦成績を6勝19敗としたベルディヒは「今日はあまりにもフェデラーの調子が良すぎた」と盟友を称えた。

31歳のベルディヒは、ウィンブルドンに今年で14年連続の出場。2010年には、フェデラーやN・ジョコビッチ(セルビア)を破って四大大会初の決勝進出を果たし、R・ナダル(スペイン)に敗れたものの準優勝を飾った。

今季はリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)で準優勝。グランドスラムでは、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で3回戦、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では2回戦で敗れていた。

一方、史上最多8度目のタイトルを狙うフェデラーは、決勝でウィンブルドン初優勝を狙う第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と激突する。

tennis365.net

最終更新:7/15(土) 15:53
tennis365.net