ここから本文です

ペップ率いるマンチェスター・シティ 世界最高額の守備陣、合計金額は304億円以上

7/15(土) 23:33配信

SPORT.es

ペップ・グアルディオラのマンチェスター・シティはカイル・ウォーカーの獲得を正式に発表し、バンジャマン・メンディの獲得にも近づいている。
チーム・シティズンがチームの改革に守備陣から着手している事は明らかである。
今後数年を見据えたその補強はマンチェスターに世界最高額の守備陣を作り出そうとしている。

シティの守備陣5人(GK+4バック)の内の4人はペップ・グアルディオラの時代に獲得した選手達となるだろう。
ジョン・ストーンズは昨夏、エバートンから移籍金5,500万ユーロ(約70億9,000万円)でマンチェスター・シティに加入した。

そして昨シーズン、GKのブラーボとウィリーが露呈したゴール前の不安定さを解決するためにシティは今夏、ベンフィカからGKのエデルソンを4,000万ユーロ(約51億6,000万円)で獲得した。
しかし、サバレタ、クリシー、サニャの放出は最も補強が必要なポジションがサイドバックとなる事を示していた。

そして、シティはまずカイル・ウォーカーを獲得するためにジョン・ストーンズの獲得に支払った5,500万ユーロと同等、もしくは若干それを上回る移籍金を支払う事で先日、トッテナムと合意に達した。

一方、ベンジャミン・メンディの獲得費用もそれに近い金額になると思われる。
『L’Equipe』紙はシティが最初に提示した4,000万ユーロのオファー、2度目の4,500万ユーロ(約58億円)のオファーをモナコがそれぞれ拒否したため、このオペレーションも5,000万ユーロ(約64億5,000万円)を超える事が予想されると報じている。

そしてこの4選手に2シーズン前、移籍金4,000万ユーロでチーム・スカイブルーに加入したアルゼンチン人センターバックのオタメンディを加えると、シティは世界最高額の守備陣を持つ事となるだろう。
彼らの獲得に要した合計金額は約2億4,000万ユーロ(約309億7,000万円)にも及ぶ。

SPORT.es

最終更新:7/15(土) 23:33
SPORT.es