ここから本文です

福島・小名浜に新貯蔵タンク完成 住友大阪セメント、安定供給で復興貢献

7/15(土) 12:28配信

福島民友新聞

 福島県いわき市小名浜にセメントの受け入れ基地「小名浜サービスステーション(SS)」を有する住友大阪セメント(東京都)が、同SSで増設工事を進めていた新たな貯蔵タンクが14日までに完成した。

 新たな貯蔵タンクの容量は約1.2万トン。増設によって貯蔵タンクは2基となり、約2.4万トンのセメントを貯蔵できるようになった。

 新たな貯蔵タンクは、内部が分割されており、数種類のセメントをためておくことが可能という。

 普通セメントのほか、産業廃棄物処理施設やダムなど大型建造物を建築する際に使用される特殊セメントなども取り扱う。

 同社は、東京電力福島第1原発の関連工事や道路の整備、中間貯蔵施設建設に伴い、県内でのセメントの需要の増加を見込んでいる。

 同社は「安定的なセメント供給により、復興に貢献したい」としている。

福島民友新聞

最終更新:7/15(土) 12:28
福島民友新聞