ここから本文です

ハース、ドライバー間で使用するブレーキ・サプライヤーを分けてイギリスGPに臨むことを決断

7/15(土) 20:33配信

motorsport.com 日本版

 ハースのロマン・グロージャンは、イギリスGPの決勝でカーボン・インダストリー(CI)製のブレーキを使用するようだ。チームメイトのケビン・マグヌッセンは、引き続きブレンボ製のブレーキを使用するため、ドライバー間で判断が分かれることになった。

【写真】ブレーキダクトをテープで調整し、ブレーキの比較テストを行うロマン・グロージャン

 グロージャンは昨シーズンから定期的に、ブレンボ製のブレーキについて不満を訴えてきた。

 ブレンボはアップグレードされたブレーキを提供し問題解決に努めてきたが、同時にチーム側はCI製のブレーキをテストしてきていた。

 昨年のブラジルや、今年のバーレーンでのインシーズンテストでCI製ブレーキを試した後、満を持してロシアGPの初日にこれを投入したが、ブレーキディスクの冷却に問題を抱え、以後はブレンボ製に戻していた。

 ハースは、イギリスGPのフリー走行2回目で再び、CI製のブレーキを搭載して走行。ブレンボ製のブレーキを使ったフリー走行1回目との比較テストを行ったグロージャンは、新しいブレーキに満足していると公言した。

「良い感じだ」と彼は語った。

「1日の途中でブレーキを交換するのは簡単ではない。だけど僕たちはそれをやり、結果はポジティブだった」

 金曜日の夜に議論をした結果、グロージャンとチームはフリー走行3回目に向けて、CI製ブレーキをマシンに搭載することを決定した。

 土曜日、1時間のセッションでフィーリングが良いことを確認し、彼はそのまま予選とレースにもCI製ブレーキで臨むことにしたようだ。

 一方でチームメイトのマグヌッセンは金曜日、CI製のブレーキを評価するのに十分な時間があったと感じなかったため、以降の週末をブレンボ製のブレーキを使用することに決めた。

Lawrence Barretto