ここから本文です

フリマサイトにオークション・・・ネットで副業、気軽さ人気 あっせん詐欺に要注意

7/15(土) 7:00配信

沖縄タイムス

 スマートフォンやタブレットなどを使った「副業」への関心が高まっている。沖縄県内でも副業セミナーが開かれ、本業とは別に収入の柱を立てようと、学ぶ人が増えている。気軽にできる一方、副業あっせん詐欺の被害報告もあり、注意が必要だ。

この記事の他の写真・図を見る

 那覇市で副業セミナーを開くプラカフェ沖縄。休日を利用して参加する会社員に、代表の森奈都美さん(43)は「考え方を知れば自分で稼ぐのは難しいことではない」と説く。

 森さんによると、企業などで働き給与をもらう従業員と、自営業者とでは働き方同様、収入を得ることに対する思考で大きな違いがあるという。森さんは「日本人は従業員的思考の人が多く、自分でお金を稼ぐことがあまり得意ではない。でも今はITが個人の味方をしてくれる」とインターネットなどが副業で稼ぐ可能性を広げていると説明する。

 同社がセミナーとは別に開く会員制の勉強会では、ネット上のオークションやフリーマーケットのサイトの活用法を学び、実践する。森さんは「ノウハウを学んで実際に稼ぐ喜びを体感してほしい」と話す。

 県内でセミナーを始めたのは1年半ほど前から。「正社員だが収入が低い」「副業したいがどうしたらいいのかわからない」といった声が多く、「学び合う環境を沖縄につくりたい」と思ったからだ。

 参加者の一人、看護師の女性(48)=那覇市=も「子どもが県外に進学するので、もう少し収入を増やしたいが、手段が分からなかった」と振り返る。フリーマーケットサイトの利用法や注意点を学び、帰宅後や休日など空き時間を使って、自宅にある不要品を出品しているという。今後は物を仕入れて売り、収入アップを狙う考えだ。女性は「今は小遣い程度だが、学べば自分でも稼げることが分かって目からウロコが落ちた」と喜ぶ。

 スマホやタブレットを使った副業は気軽だが、注意も必要だ。那覇市消費生活センターには、副業をあっせんする代わりに「保証料」や「サポート料」をだまし取る「副業あっせん詐欺」の相談が寄せられている。

 毎月10~100万円を稼げるオンラインビジネスを教えると持ちかけ、現金を振り込ませる手口とみられ、同センターは「『おいしい話』には裏があるので気を付けて」と指摘。森さんも「副業の教材に大金をつぎ込んだのに1円も稼げなかったという事例もある」と、注意を促している。

最終更新:7/15(土) 7:00
沖縄タイムス