ここから本文です

バンドーン「相性が悪いサーキットのわりにはマシンのパフォーマンスがいい」マクラーレン・ホンダ F1金曜

7/15(土) 14:13配信

オートスポーツweb

 2017年F1イギリスGPの金曜、マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンはフリー走行1=10位/2=16位だった。

2017年F1第10戦イギリスGP 「マクラーレンを今も信じてる」というバナーを持ったファンと記念撮影するバンドーン

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ストフェル・バンドーン フリー走行1=10位/2=16位
 週末をとてもいい形でスタートすることができた。ここは全長が長くて高速コーナーがたくさんあるサーキットであることを考えれば、僕らのマシンはいいパフォーマンスを示していると思う。すごく快適に走ることができた。   
     
 今回も、中位グループのタイムはかなり接近している。だから明日の予選ではごく小さなことが順位を左右することになるだろう。僕らは今はまだ、マシンの限界を探っている段階だ。特に、ベケッツ周辺のセクションだ。フェルナンド(・アロンソ)も僕もそのあたりで態勢を崩す場面があった。最終セクションに入るところで、リヤのコントロールを失ってしまった。

 フェルナンドと僕は2回のセッションのなかで、さまざまなダウンフォースレベルを試した。明日どういうセッティングで走るべきか、はっきり見えてきたと思う。その点についてたくさん学ぶことがあったからね。

[オートスポーツweb ]

Yahoo!ニュースからのお知らせ