ここから本文です

リカルド「まだ車のポテンシャルを最大限生かせていない。フェラーリとは戦えるはず」レッドブルF1金曜

7/15(土) 10:43配信

オートスポーツweb

 2017年F1イギリスGPの金曜、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはフリー走行1=4位/2=6位だった。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルはシールドをテスト

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=4位/2=6位
 今日はまずまずな金曜日だった。多くのことを学んだが、タイムをもっと見出せることは間違いない。先週のパフォーマンスから判断すると、僕らは高速走行時の走りをもっと改善できるはずだが、まだそれほどマシンを最適化できていない。

 低い路面温度と風の影響でトリッキーなコンディションとなり、マゴッツとベケッツでは一瞬ヒヤッとする場面もあった。まるでコース上を横切った風に押し出されるような感じだった。

 タイヤに関しては現時点ではほとんどの人がソフトの方が良いと感じていると思う。そんな傾向だね。スーパーソフトの方がやや速いが、それほど長く保ちそうにないので、レースの大半はソフトで走行すると思う。

 日曜日にポディウム争いができる自信はあるが、それを実現させるにはもう少し改善していく必要がある。メルセデスはすごく速いけど、もし僕らがすべてのことを正しくやれれば明日はフェラーリにはチャレンジできると思う。予選ではいい戦いができるだろう。

[オートスポーツweb ]