ここから本文です

ハミルトンがトップ、終盤はレインコンディションに【タイム結果】F1イギリスGP FP3

7/15(土) 19:22配信

オートスポーツweb

 2017年F1第10戦イギリスGPのフリー走行3回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。 

FP1:セバスチャン・ベッテル、コクピット保護デバイス“シールド”を装着して走行

 気温15度、路面温度20度のドライコンディションで始まった土曜日最初のセッション。雨の予報が出ていたため、各車セッション開始と同時に周回を開始した。

 まずタイムを記録したのはザウバーのパスカル・ウェーレイン。その直後に1周目を完了させたトロロッソのダニール・クビアトは、トラックコンディションに問題はなく、コース上に雨は降っていないとチームに報告した。

 しかしその3分後、フェラーリのキミ・ライコネンはチームに対して雨が降り始めたと報告。同時刻にフォース・インディアのセルジオ・ペレスもコース上に雨が降り始めたとチームに伝えた。

 前日行われた2度のフリー走行で同僚バルテリ・ボッタスに先行を許したメルセデスのルイス・ハミルトンはセッション開始10分で最速タイムを出しボッタスの前に。

 スタートから30分経ったところで3、4コーナー周辺の雨脚が強まってきたとライコネンは無線で伝えたものの、ハミルトンはさらにタイムを0.7秒改善し、週末ここまでのベストタイムを記録した。

 セッションの前半ではミディアム、ソフト、スーパーソフトが入り混じったタイヤ選択となっていたものの、後半からは各チームスーパーソフトを選択し計測を行った。

 開始40分が経ったところでマクラーレンのフェルナンド・アロンソは1分30秒138のベストタイムを記録。しかし同僚のストフェル・バンドーンには0.05秒届かなかった。

 セッション残り15分に差し掛かったあたりで雨が本格的に降り出したため各車ガレージへ。このままFP3終了かと思われたものの残り3分で全車がコースイン。インターミディエイトタイヤを1、2周テストしたところでセッションが終了した。

イギリスGP イギリス:シルバーストン・サーキット
Pos./No./Driver/Team/Time/Laps
1/44/L.ハミルトン/メルセデス/1'28.063/18
2/5/S.ベッテル/フェラーリ/1'28.095/14
3/77/V.ボッタス/メルセデス/1'28.137/20
4/7/K.ライコネン/フェラーリ/1'28.732/15
5/27/N.ヒュルケンベルグ/ルノー/1'29.480/14
6/3/D.リカルド/レッドブル/1'29.612/15
7/8/R.グロージャン/ハース/1'29.819/14
8/33/M.フェルスタッペン/レッドブル/1'29.904/13
9/19/F.マッサ/ウイリアムズ/1'29.959/19
10/2/S.バンドーン/マクラーレン/1'30.088/19
11/14/F.アロンソ/マクラーレン/1'30.138/17
12/31/E.オコン/Fインディア/1'30.172/19
13/20/K.マグヌッセン/ハース/1'30.270/15
14/30/J.パーマー/ルノー/1'30.302/16
15/11/S.ペレス/Fインディア/1'30.416/16
16/26/D.クビアト/トロロッソ/1'30.504/20
17/55/C.サインツJr./トロロッソ/1'30.515/19
18/94/P.ウェーレイン/ザウバー/1'30.621/24
19/9/M.エリクソン/ザウバー/1'30.630/24
20/18/L.ストロール/ウイリアムズ/1'31.358/18


[オートスポーツweb ]