ここから本文です

三浦に援軍続々 ロマゴンら「うれしいサプライズ」

7/15(土) 7:41配信

日刊スポーツ

 ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦を15日(日本時間16日)に控えた元王者三浦隆司(33=帝拳)に次々に援軍が登場した。

【写真】「アニマルモード」に突入し三浦は叫びながらパンチを打ち込む

 14日(同15日)に会場となる米カリフォルニア州のザ・フォーラムで開催された前日計量を行い、王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)とともに58・6キロでパス。「しっかり栄養を取って明日に備えたい」と述べた。

 観客を入れての計量で、会場に響いたのは「三浦! 三浦!」の日本人の声。出身の秋田県三種町から11人の後援会のメンバーがスタンドに陣取った。壇上でその姿を発見した三浦も、きっちりと拳をそちらに向けて掲げ、勝利を誓った。

 その壇上には、帝拳プロモーションに所属する元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)も一緒に上がった。「うれしいサプライズ」。日本で一緒にトレーニングし、技術指導もうける仲間。「すごい心強いですね。ここで戦っていますし、パワーをもらえますね」と感謝した。さらに昨年に一緒に沖縄でキャンプを張った元3階級制覇王者長谷川穂積さんも、プライベートで日本から駆けつけた。「純粋に応援です」という先輩とも握手を交わした。

 夕食にはいつも通りにステーキを食べる。「楽しみにしてます」と決戦への最後の仕上げに入る。「必ず勝ちます」。多くの存在に背中を押され、再び王者に返り咲く。

最終更新:7/15(土) 7:58
日刊スポーツ