ここから本文です

指原莉乃が番組ロケで号泣した真相は?共演者明かす

7/15(土) 8:32配信

日刊スポーツ

 HKT48の指原莉乃(24)が番組ロケで訪れたクラブで号泣してしまい企画が中止に至った真相について、共演したヒップホップミュージシャンの高木完が明かした。

【写真】丸いお尻を露出したセクシーショットを披露する指原莉乃

 指原はリリー・フランキーとともに深夜の街をロケするフジテレビ系「真夜中」の9日深夜放送で、高木とDJの田中知之のナビゲートで東京・渋谷のクラブを訪れたが、人生初というクラブで指原は終始、気後れ。番組ではクラブイベントの最後にAKBの「フォーチュンクッキー」を流し、ステージに指原が出てみんなで踊るという企画が用意されていたが、その企画の打ち合わせ中に指原が「すごい怖くて、ごめんなさい。すごい怖い……」と泣きだし、中止となっていた。

 番組ではリリー・フランキーが後日談として「(指原は)初めてのクラブで、いろいろ酔っぱらいもたくさんいて、話しかけられて、人見知りなんで怖かったんでしょうね。泣いてしまいまして……」と、企画が中止になったことを明かすVTRもオンエアされていた。

 この件について高木のもとにも反響があったとし、14日にツイッターで言及。「特に絡まれたわけではなく、いつもと違う現場かつ、当日聞かされた台本無し&場当たりで飛び入りで出るのが、怖くなってしまったというのが真相」と明かした。

最終更新:7/15(土) 9:02
日刊スポーツ