ここから本文です

照ノ富士も休場、左膝半月板損傷で約7週間休業加療

7/15(土) 10:12配信

日刊スポーツ

 東大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)も14日、「左膝半月板損傷で約7週間の休業加療を要する」との診断書を提出して休場した。

【写真】北勝富士に寄り切られる照ノ富士

 夏場所後の6月上旬に左膝の遊離軟骨を除去する内視鏡手術を受け、5日目まで1勝4敗と不振だった。再出場しない方針で、秋場所はかど番となる。休場は昨年初場所以来2度目で、6日目に対戦が組まれていた正代は不戦勝。照ノ富士関の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「力が入らないと本人が言うからね。(夏巡業の出場は)無理でしょう」と話した。

最終更新:7/15(土) 11:13
日刊スポーツ