ここから本文です

岩橋里衣が首位 プロテスト7回目合格の遅咲き

7/15(土) 10:11配信

日刊スポーツ

<女子ゴルフ:サマンサタバサ・レディース>◇第1日◇14日◇茨城・イーグルポイントGC(6667ヤード、パー72)◇賞金総額6000万円(優勝1080万円)

【写真特集】アン・シネ、ピンクのノースリーブで魅了

 ツアー未勝利の岩橋里衣(31=フリー)が初めて首位でスタートを切った。6バーディー、2ボギーの4アンダー68で回って単独トップ。7回目のプロテストで合格した遅咲きが一打集中で初優勝を目指す。

 無心の好発進だ。岩橋は1度も自身の順位を確認せずにラウンド。先週から採用した新ドライバーで10ヤードほど飛距離が伸びたことも後押しとなり、自身初の首位発進につなげた。「1打1打が私の目標。自分のベストを尽くすことだけを考えていた」と振り返る。28歳だった14年、実に7回目のプロテストで合格した遅咲き。遠征時に「ストレッチできる広さがほしい」とホテルではなく、安上がりな民宿に泊まる異色派だ。「今ここに」という座右の銘を胸に刻み「明日も目の前の1打。コツコツと頑張ります」。無欲のスコアメークに徹する構えだ。

 ◆岩橋里衣(いわはし・りえ)1986年(昭61)5月27日、埼玉・白岡市生まれ。10歳で、父堅治さん(57)と同時期にゴルフを始める。埼玉平成高でゴルフ部に所属。卒業後にプロゴルファーを志し、14年にプロテスト合格。家族は両親と兄、妹。趣味は登山。156センチ、53キロ。血液型はA。

最終更新:7/15(土) 10:41
日刊スポーツ