ここから本文です

大体大浪商 背番18立石が3安打完封/大阪

7/15(土) 14:30配信

日刊スポーツ

<高校野球大阪大会:大体大浪商2-0藤井寺工科>◇15日◇1回戦◇久宝寺球場

 古豪・大体大浪商が大阪大会の初戦に臨み、藤井寺工科を2-0で下した。両校は昨夏の大阪大会2回戦でも対決し、大体大浪商が7-0と勝利を収めていた。

【トーナメント表】大阪大会 組み合わせ

 大体大浪商は背番号18の立石健投手(2年)が先発。9回を3安打無失点の好投を見せ、完封勝利を飾った。「初戦だったので(チームを)勢いづけられてよかった。冬の走り込みで、毎日20kmほど走ったので、下半身が大きくなった」。昨年は65キロだった体重が現在は73キロにまで増量に成功。チームの先輩投手である宮本大勢(たいせい=3年)の背中を追う。

 4回には主将の木村税(ちから=3年)が公式戦3本目となる先制2ランを右翼席に運んだ。これが決勝点となり、なんとか逃げ切った。

 四田勝康監督(60)は「打線は2キロのバットを振ってるのかというぐらい、バットが出ていなかった。(継投も考えたが)こんな展開で代えるのは怖い。0点を継続してきた立石に託した」と2年生投手をたたえた。

 立石は今春の大会で12イニングを無失点。この日の完封を含めると、公式戦21イニング連続無失点となった。

最終更新:7/15(土) 16:52
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 17:05