ここから本文です

日本初参戦の金楷林が初V王手「出場資格を得たい」

7/15(土) 18:04配信

日刊スポーツ

<女子ゴルフ:サマンサタバサ・レディース>◇第2日◇15日◇茨城・イーグルポイントGC(6667ヤード、パー72)◇賞金総額6000万円(優勝1080万円)

 日本ツアー初参戦となった金楷林(キム・ヘリム=27、韓国)が首位で最終日を迎える。1アンダーの4位でスタートし、ボギーばしの5アンダーのチャージ。通算6アンダーで単独トップで、早くもツアー初優勝へ王手をかけた。

 金は「韓国での4勝は逃げ切って優勝しました。明日は楽な気持ちで、韓国から応援に来てくれているファンクラブの方と一緒に頑張って優勝したい」と口にした。

 韓国ツアー通算4勝、世界ランキング34位の実力者。獲得賞金の10パーセントを各団体に寄付していることから、母国では「寄付の天使」と呼ばれている。出場権のあった全米女子オープンを休んで日本ツアーに初めて参戦した金は「日本は非常にプレーしやすい。コンディションが非常に良いと感じました。明日優勝して日本ツアーの出場資格を得たい」と意欲的だった。

最終更新:7/15(土) 18:12
日刊スポーツ