ここから本文です

津鉄キャラつてっちーの飴が登場

7/15(土) 11:13配信

Web東奥

 津軽鉄道(本社・青森県五所川原)は14日、イメージキャラクター「つてっちー」の新商品「つてっちー飴(あめ)」を発売した。同日朝は津軽五所川原駅でPRイベントが開かれ、つてっちーら津鉄関係者が駅利用者に飴を配った。
 飴は主に観光客向けのお土産を想定し、五所川原市らしく甘酸っぱいリンゴ味。パッケージに走れメロス号を抱えるつてっちーをかたどるなど見た目にもこだわった。
 飴は「金太郎飴」のため、整った笑顔のほか、くにゃっとねじれた笑顔など表情の豊かさはご愛嬌(あいきょう)。津鉄の白鳥泰総務課長は「一つ一つ違う顔も楽しんでもらえたら」と話した。
 この日のイベントでは、つてっちーらが飴計200個を配布。つてっちーは行き交う学生や社会人に近づいては飴を乗せたお盆を差し出していた。
 木造高校2年の小野安寿美さん(16)は「かわいくって食べるのがもったいない」と顔をほころばせた。
 飴は1袋14個入りで450円。津軽五所川原、金木、津軽中里の3駅窓口と津軽五所川原駅売店のほか、コミュニティカフェ「でる・そーれ」でも販売している。

東奥日報社

最終更新:7/15(土) 11:13
Web東奥