ここから本文です

JPモルガンのダイモン氏、アメリカ人として「恥に近い思いをする」

7/15(土) 6:15配信

Bloomberg

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は、米企業のビジネスを妨げられているとして不満を吐露した。

国外出張から帰国したばかりのダイモン氏(61)はアナリスト向けの電話会議で、「世界各地を旅していると、アメリカ人であることがほとんど恥ずかしく思えてくる」と述べた。米国人として耐えがたい言葉を聞かされるはうんざりだと述べ、インフラ投資や税制改革を実行できないことへのフラストレーションをぶちまけた。「もっと知性のある判断と手詰まりの打破があれば、はるかに力強い経済成長が実現するだろう」と語った。

ダイモン氏はこれに先駆けて行われた報道向け決算説明でも、「米国はすべての国民にとって有益な政策に注力し始めなければならない。それはインフラと規制、税制、教育だ」と述べ、「なぜ記者はこうしたことを日々書かないのか、まったく私の理解を超えている。例えば、6月後半の2週間に債券トレーディング収入がどうだったかなど、誰が気にするというのだ。私は本気で言っている」と続けた。

トランプ大統領に助言する立場でもあるダイモン氏は、政権批判は控えた。トランプ政権にいらだちを感じるかとの記者の質問に対し、ダイモン氏は「そうではない」と回答。「さっきのは、あなたたちへのいらだちだ」と述べた。

原題:Dimon Says Being American Abroad ‘Almost an Embarrassment’ (1)(抜粋)

Hugh Son

最終更新:7/15(土) 6:15
Bloomberg