ここから本文です

テニス=フェデラー、最多8回目のウィンブルドン制覇なるか

7/16(日) 9:32配信

ロイター

[ロンドン 15日 ロイター] - テニスのウィンブルドン選手権の男子シングルス決勝(16日)では、ロジャー・フェデラー(スイス)が同大会最多8回目の優勝をかけて、マリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

フェデラーは今大会1セットも落としておらず、優勝の大本命。今季は出場した6大会中、4大会で優勝しており、1月の全豪オープンでは四大大会での通算18回目の優勝を果たした。

35歳のフェデラーにとってはウィンブルドン史上最多11回目の決勝進出。一方、28歳のチリッチは初めての決勝となる。フェデラーが勝つと、オープン化以降、同大会最年長優勝となる。

フェデラーはこれまでにチリッチと7回対戦し、わずか1敗。2014年の全米オープン準決勝で敗れた。チリッチが同大会で優勝した。

最終更新:7/16(日) 9:32
ロイター