ここから本文です

ワグネリアンが人気2頭の一騎打ちを制す/中京新馬

7/16(日) 12:33配信

netkeiba.com

 16日、中京競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・10頭)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の2番人気ワグネリアン(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が、直線では1番人気ヘンリーバローズ(牡2、栗東・角居勝彦厩舎)との一騎打ちとなり、この争いをハナ差制して優勝した。勝ちタイムは2分4秒7(良)。

 2着ヘンリーバローズから5馬身差の3着には、3番人気スヴァルナ(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。

 勝ったワグネリアンは、父ディープインパクト、母ミスアンコール、その父キングカメハメハという血統。

【勝ち馬プロフィール】
◆ワグネリアン(牡2)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・友道康夫
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:ノーザンファーム

最終更新:7/16(日) 13:20
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ