ここから本文です

第9回「JOYXオープン」は北村晃一が優勝、大堀裕次郎が2位

7/16(日) 7:19配信

ゴルフ情報ALBA.Net

通称“日本一の草大会”。第9回「JOYXオープン」が7月15日(土)、兵庫県にあるJOYXゴルフ倶楽部 上月コースで開催された。

今年も会場で水着オーディショーンが開催!サマンサレディース、フォトギャラリー

この大会には伊澤利光や小田孔明、片岡大育、藤本佳則、増田伸洋、小田龍一、宮里聖志、重永亜斗夢、大堀裕次郎、香妻陣一朗、稲森佑貴ら第一線で活躍する男子プロが多数出場。その中で優勝したのは8バーディ・ノーボギーの“64”をマークした北村晃一。大堀を1打差で振り切り、この錚々たる面々の中で見事な勝ち星を挙げた。伊澤は61位タイ、小田は34位タイ、片岡は11位タイで競技を終えた。

この大会は、前立腺ガンの早期発見と、早期治療の重要性を伝えるブルークローバー運動の啓蒙活動の一環としてスタート。最初は小さな大会だったが、多くのトッププロを抱えるマネジメント会社の「JOYX」が主催となり、多くのツアープレーヤーが参加するようになった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>