ここから本文です

ゲッツェ、167日ぶりの復帰に「最高の気分」…今後のプレー時間増加には慎重な姿勢

7/16(日) 9:18配信

GOAL

ドルトムントに所属するMFマリオ・ゲッツェが、浦和レッズ戦で167日ぶりに実戦復帰を果たしている。試合後には取材に応じて心境について語った。

代謝異常により長期離脱を強いられていたゲッツェは、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで来日し、15日の浦和レッズ戦で途中出場。約5カ月ぶりの実戦復帰に笑顔を見せながら、「最高の気分」と語ってこのように続けている。

「これだけ長い時間が経っても、リハビリが終わりを迎えて、戻ってこれるのはいつも良い気持ちだよ。それは目標だったし、そうなってほしいと望んでいたようにことが進んでくれたね」

また、ドルトムントにとって浦和戦は今夏2試合目の実戦。全体練習に復帰してから1周間が経過するゲッツェは、2試合目で復帰することを事前に話し合っており、計画通りに進んだことを喜んでいる。

浦和戦では30分プレーしたゲッツェは「プレーする準備はできているけど、すべては少しずつ積み上げていかないとね」と、プレー時間の増加には慎重な姿勢を保っているようだ。

GOAL

最終更新:7/16(日) 9:18
GOAL