ここから本文です

リアル脱出ゲーム×Pokemon the Movie 20「ホウオウの試練からの脱出」体験レポート

7/16(日) 14:07配信

IGN JAPAN

リアル脱出ゲーム×Pokemon the Movie 20「ホウオウの試練からの脱出」体験レポート - Part 1

SCRAPが今年の夏に全国各地のリアル脱出ゲーム常設店舗で提供を行う「ホウオウの試練からの脱出」はゲーム「ポケットモンスター」の謎解きを現実世界に再現したような脱出ゲームだ。
全国開催に先だって7月11日にはメディア向けの内覧会が東京都下北沢で行われた。本イベントは映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」との公開記念イベントで専用のストーリーまで制作され、公演は国内8箇所で行なわれる。詳細は公式サイトで確認してもらうとして、ここでは内覧会での体験レポートをお届けする。


「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」画像・動画ギャラリー


研究所に入ったプレイヤーは最初に「トレーナーコース」と「博士コース」の2種類のコースを選ぶ。トレーナーコースの所要時間はおおよそ90分とされており、博士コースは180分。あくまで目安の時間なのでゲーマーの僕は迷うことなく「博士コース」を選択するが、これがとんでもない誤算でホウオウの熱気の如く熱い、灼熱の1日を過ごすとは思いもしなかった……。
難易度選択の次に研究所の職員からオーキド博士に初めて出会った時と同様にフシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメの3匹のポケモンから1匹のポケモンを選ぶように促される。毎作最初に炎タイプを選ぶ僕は迷うことなくヒトカゲを選択。この最初のポケモンの選択で謎解きの問題が変わるそうだが難易度に差はないそうなので好きなポケモン、思い入れのあるポケモンを選ぶといいだろう。その後、問題の入ったバインダーを手渡され研究所の職員からアニメ映像を交えてポケットモンスターについての説明を受け、最初の3匹で選ばなかった残りの2匹のポケモンを捕まえに街に繰り出すこととなる。


今回僕がさまよった舞台は様々なファッションショップやアンティークショップのある下北沢。この街のどこかに今回の謎を解く問題があるのだが、全てはポケモン図鑑のデザインがあしらわれたバインダーの中に行き先が示されている。バインダーの中には問題の他にアルファベットの項目が記された地図と問題から導き出されたマークに合わせて剥ぐ「銀剥がし」が用意されており、バインダーの中の問題と街中で見つけた謎を解いて浮かび上がった銀剥がしのマークとアルファベットに従って地図を頼りに進むこととなる。

最初の問題を難なく解いて2匹目のポケモンをゲットした後、第2問に取り掛かかり浮かび上がったアルファベットの地点に意気揚々と向かうと何もない……地図上にはお店の名前まで書いてあるので近辺をくまなく捜索するが今回のイベントの問題が記された紙がどこにも張られていない。
このままでは30手前の男がポケモンのバインダーを持ってウロウロしている不審者案件になりかねないので、頭を切り替えてもうひとつの可能性である別のアルファベットの地点に行くが何もない。TVゲームなら行き先を間違ってもいくらでもやり直しが効くので問題ないが、これは自分の体を使って移動するので1つのミスが自分の体に大きな負担がのしかかる。さらにこの日の下北沢の気温は30度超えでこれ以上闇雲にウロウロすると熱中症になりかねないので急いで研究所に戻りヒントを要求する。
このゲームは「ヒント」というマークの銀剥がしを削ることで研究員から問題全般のヒントが手渡されるようになっている。イベント期間中は非常に暑い日が続き長時間の外出は体調を崩すこととなるので無理なくこのヒントを使うに越したことはない。研究員からヒントを貰ったあとは躓きながらもサクサク進み、バインダーの中の問題を解き終わった頃には御三家ポケモンをゲット!


これでクリアかと思って意気揚々と研究所に戻るとゲームはまだまだ続くそうで追加で何枚も問題をもらって、再び灼熱の下北沢に繰り出すこととなる。詳しい内容を明かすことは出来ないが、この追加の問題がヒントありでも大変難しく暑さにやられて頭の回転も鈍ったこともあって、30手前の大の男がホウオウのいる場所までたどり着くのにゲーム開始から4時間半もかかってしまった!!ホウオウを眺める僕は「そこに立っているだけ」という言葉が合うほどただ呆然としていた。
イベント自体はアニメ版やゲーム版などの小ネタが盛り込まれているので1度でもポケモンを触ったことがある人ならニヤニヤすることもあるが、ポケモンを熟知していないとクリアできないという問題はなく寧ろパズルやトンチの効く人ならより楽しめるように作られているので「リアル脱出ゲーム」というジャンルに興味のある人は是非積極的に参加して欲しい。

リアル脱出ゲーム×Pokemon the Movie 20「ホウオウの試練からの脱出」体験レポート - Part 2

そして今回経験した僕の身から言わせてもらうとまず「水分補給や休憩はこまめに!」暑い日が続く中でのイベントなので体調を崩さないようにして欲しい。そして「友達、知り合いを誘っていくように!」今回体験した周りの人達をみていると謎を協力しあって解いている人達は比較的早くクリアしているので、ひとりで悶々と考え込んでとんでもない場所に足を運んでは体力的にも時間的にもロスをするばかりなのでなるべく人を誘ってイベントに臨むといいだろう。

畑史進

最終更新:7/16(日) 14:07
IGN JAPAN