ここから本文です

海開き、監視所を開所 下田・白浜大浜無事故誓う

7/16(日) 10:30配信

伊豆新聞

 下田市内9カ所のビーチが一斉に海開きした15日、白浜大浜海水浴場で監視所の開所式が開かれた。下田ライフセービングクラブのライフセーバー約30人や市、区の関係者らが出席し、夏季シーズンの無事故を誓った。

【特集】伊豆の水辺で心地良いひとときを…

 市観光交流課の佐々木雅昭課長が「下田を訪れた人の心に、美しい海と楽しい思い出が残るように、最前線で頑張ってほしい」とあいさつ。同クラブの白浜区チーフ・谷脇拓実さん(20)は「この夏どうやって事故を防ぐかを考えて練習に励んできた。これから海水浴客が増えるが、仲間と協力して無事故を達成したい」と抱負を述べた。式後、ライフセーバーらは海水浴場内のパトロールを開始した。

 市内の海水浴場は、昨夏約65万5千人(前年比2・3%増加)の入り客があった。今夏は晴天が続くことが予想され、客数のさらなる増加が見込まれる。

 海水浴場の開設日程は次の通り。

 【8月20日まで】外浦、九十浜、鍋田浜

 【8月27日まで】白浜大浜、白浜中央、多々戸浜、入田浜、吉佐美大浜

 【8月31日まで】田牛

 【写説】開所式後、海水浴場のパトロールをするライフセーバー=下田市の白浜大浜

最終更新:7/16(日) 10:30
伊豆新聞