ここから本文です

山車コン開幕、泉都熱気 装飾、木彫り33台アピール―熱海

7/16(日) 11:00配信

伊豆新聞

 熱海市の夏の一大イベント「第49回熱海こがし祭り山車コンクール」(市観光協会主催)が15日夜、中心市街地の国道135号を舞台に開幕した。33の町内から自慢の山車が繰り出し、住民らが趣向を凝らしたパフォーマンスでアピール。詰め掛けた見物客を楽しませた。西山町の来宮神社では例大祭が挙行され、泉都・熱海は祭りの熱気に包まれた。山車コンクール、例大祭ともに16日まで。

【特集】伊豆の水辺で心地良いひとときを…

 山車コンクールは装飾の部に18台、木彫りの部に15台、計33台が参加した。午後6時半の審査開始に合わせて各町内から続々と国道に山車が集結し、装飾やお囃子(はやし)、行列などのパフォーマンスで競った。

 アニメ映画のキャラクターをモチーフにするなど、装飾や仕掛けに工夫した山車が登場し、注目を集めた。市内の神輿(みこし)団体も威勢良く練り、祭りを盛り上げた。

 16日の山車コンクールは午後6時半~9時の開催。ホテル大野屋前からビーチライン入り口交差点手前の国道135号が通行止めになる。

 熱海市の夏の一大イベント「第49回熱海こがし祭り山車コンクール」(市観光協会主催)が15日夜、中心市街地の国道135号を舞台に開幕した。33の町内から自慢の山車が繰り出し、住民らが趣向を凝らしたパフォーマンスでアピール。詰め掛けた見物客を楽しませた。西山町の来宮神社では例大祭が挙行され、泉都・熱海は祭りの熱気に包まれた。山車コンクール、例大祭ともに16日まで。

 

 ■神輿、威勢良く練る きょうまで来宮神社例大祭

 来宮神社の例大祭2日目の15日、宮神輿(みこし)の渡御が行われた。宮神輿保存会(山田康夫会長)の会員らに境内から担ぎ出された後、各町内に引き継がれて市内を巡った。

 各町内の若衆や御鳳輦(ごほうれん)奉仕者、神輿団体の会員らが交代で担ぎ、咲見町、JR熱海駅前、渚親水公園、銀座町、熱海郵便局前などを約6時間かけて練った。お囃子(はやし)の音と威勢のよい掛け声が街中に響いた。

1/2ページ

最終更新:7/16(日) 11:00
伊豆新聞