ここから本文です

日本のオーディオを長年支えたメーカーのイヤフォンが魅力的

7/16(日) 21:50配信

アスキー

レコード針のナガオカ、スピーカーOEMの北日本音響という、日本のオーディオを長年支えてきたメーカーが、それぞれこだわりのイヤフォンを発表。
 7月16日までベルサール秋葉原で開催中の「ポタフェス 2017 夏」。ナガオカと北日本音響という、日本のオーディオを支えてきたメーカーが新しいイヤフォンを発表したので、クローズアップしてみよう。
 

レコード針でおなじみのナガオカが放つ“ルビーのイヤフォン”
 ナガオカと言えば、レコード針の製造などで古くからのオーディオファンに知られている存在。同ブランドが発表したのが“ルビーのイヤフォン”こと「R1」だ。ハウジングから覗く鮮やかなルビーレッドが印象的だが、このルビーは「音響フィルター」として実利的な役割を持つ。
 
 レコード針の素材には、サファイアやダイヤモンドなどの硬い鉱物が試されてきたが、ルビーもそのような素材のひとつだ。ドライバーの後方に配置することで、パーツの共振を抑える効果が大きいという。R1のつくりは、レコード針生産で培った加工技術を存分に活かしたものだ。
 
 実際に音を聞いてみると、刺々しさのない落ち着いた音色が印象的。帯域は4~90kHzとかなり広いが、その秘密は国内設計・開発のBAユニットにある。通常のBA型ドライバーはは2磁極型と呼ばれるものが多いが、このイヤフォンに搭載されているのは1磁極型のBAユニット。2磁極型に比べて小型化が難しいが、構造としてはシンプルで、アーマチュアの振幅が大きく、広帯域にできるのが特徴だ。
 
 ナガオカのブースでは、天童木工とのコラボレーションによる木製ヘッドフォンスタンド「欅」も展示。価格は5万円で、数量限定販売を予定している。
 
 将棋の駒など、木工で有名な山形県天童の職人が作り上げるヘッドフォンスタンド。北欧家具でも使われる曲げ加工技法でフック部分の優美な曲線を作っており、ブースでは加工の様子を収めたビデオが公開されていた。
 
長年スピーカー生産の裏方として活躍した国内メーカーがイヤフォンに挑戦
 Mother Audioは40年間スピーカーのOEMを続けてきた北日本音響が立ち上げた新ブランドだ。ベリリウムコーティングの振動板を採用したダイナミック機「ME5」「ME8」の2機種で、外見やケーブルのほか、ドライバー素材もモデルごとに違うという。上位のME8は11万円台後半の高級機種である。
 
 北日本音響は、長年の経験を活かして、2015年からイヤフォン開発に着手。特にシェル構造の決定には10種類以上の試作を重ねた。時には予想したものと逆の結果が出るなど、苦労したという。
 
 ポータブルオーディオ市場についての印象を聞いてみると「極端な高音/低音強調の音が好まれたり、あるいは特定の帯域に強調感があるものを嫌ったり」と、ユーザーの好みの差はスピーカー以上にハッキリと別れるという。
 
 新作イヤフォンについてはかなり厳しい評価が下ることも想定していたようだが、思いの外評価がいいと胸をなでおろしていた。
 
 今後の予定については、もう1機種、広域の明瞭感を出したものを作りたいと返答。次回作リリース時期は未定ながら、年1回の発表を目標に、活動をしてゆきたいと意欲を見せていた。スピーカーやヘッドフォンなど、音を出すものから活動を広げたいという。
 
 
文● 天野透/ASCII

最終更新:7/16(日) 21:59
アスキー