ここから本文です

「明日に向けてすごく大きい」宮里藍、もどかしいラウンドで見つけた光明

7/16(日) 9:00配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米女子オープン 3日目◇15日◇トランプナショナルGC(6,732ヤード・パー72)>

【関連写真】ここでしか見られないオフショットも!宮里藍の歩みをフォトギャラリーで振り返る

米国女子メジャー「全米女子オープン」の第3ラウンドが行われ、今季限りの引退を表明している宮里藍は1バーディ・2ボギーの“73”とスコアを1つ落としてトータル2オーバー・36位タイで最終日を迎えることとなった。

「毎日似たような内容で、中々グリーンでパットが決まってくれない。今日もちょっと伸ばせそうで伸ばせなかったですね」と振り返る宮里。「ラインの読みだと思う。ようやくちょっとグリーンをつかめた感じがしている。色がはっきり分かれているくらい芝目があるけれど、それが影響するホールとしないホールがあって。今日はほとんど薄めに読んでいたら、惜しいパットにつながっていたので思ったより芝目を気にしなくて良いのかなと思って終わった」と手ごたえを掴みかけたことろでホールアウトとなってしまったが、「明日に向けてすごく大きい」とうなずいた。

「4日間ゴルフができるのはすごく嬉しいですし。(観に来ている)両親も最後の全米女子オープンなので、もう一日楽しんで応援してもらいたい。最後の2mのパーパットをしっかりと入れた分、明日はまた1日がんばれるかなと思います。もう1日頑張ればアンダーパーには行けるので、それを目指してがんばりたい」。いよいよ明日がずっと悲願に掲げていた戦いの最終日、何とか笑顔で終わりたい。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>