ここから本文です

「瀬戸芸」記録集、全国で発売 250点の作品やイベント解説

7/16(日) 7:55配信

産経新聞

 香川、岡山両県の島々などを舞台に開催された現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2016」の公式記録集が全国で発売された。

 瀬戸芸は3年に1回開催。昨年は春、夏、秋の3会期(計108日間)で約104万人が訪れた。

 公式記録集では約250点のアート作品と関連イベントを写真付きで解説。

 また、瀬戸芸を契機に生まれた島の変化や市民ボランティア「こえび隊」の活動、参加作家のプロフィルなども掲載されている。

 実行委員会会長の浜田恵造・香川県知事、福武總一郎・総合プロデューサーのコメントも載せた。価格は3200円。

最終更新:7/16(日) 7:55
産経新聞