ここから本文です

「2打目の距離感が悪かった」野村敏京は伸ばせず10位後退

7/16(日) 9:39配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全米女子オープン 3日目◇15日◇トランプナショナルGC(6,732ヤード・パー72)>

【関連写真】野村敏京のスイングを村口史子が解説!連続写真をチェック!

米国女子メジャー「全米女子オープン」の第3ラウンドが行われ、トータル4アンダー・6位タイから出た野村敏京は1バーディ・2ボギーの“73”とスコアを1つ落とし、トータル3アンダー10位タイと後退した。

「ティーショットをどう打つかしか考えてなかった」というラウンドだったが、「セカンドの距離感が良くなくてもったいなかった」と我慢のゴルフに。ようやく最初のホールでバーディが来て「今日はずっとパーで楽しくないゴルフだったが、最後に獲れて良かった」と安どした表情を見せた。

「長い番手持ってもつけていく日もあるし、今日みたいな日もある。パット自体は悪くなかったので、明日はセカンドでしっかりと寄せていければ。メジャーだから分からないので、できるだけ伸ばしていきたい。今日のベストスコアは5アンダーなのでそこを目指して。優勝を狙って頑張りたい」。上がりのバーディを吉兆として、最終日は今日の分までバーディラッシュと行きたい。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>